お役立ち情報

熱中症の見落としがちポイント①

 

暑い日が続いて、体調管理が重要なこの時期。

熱中症に気を付けてはいても、ふとした瞬間に

体調不良に陥ってしまう事もしばしば…

 

そこで今回は、こんなところにも気を付けて!

熱中症の見落としがちなポイントを解説します★

 

「熱中症」の画像検索結果

 

【こんな人は特に要注意】

◎こども

◎高齢者

◎屋外で働く人

◎キッチンで火を使う人

 

クーラーをつけている室内でも、

キッチンで料理を作っている人は要注意!!

火が出ないIHでも、油断は禁物です!

 

 

【主な症状】

◎めまいや顔のほてり

◎筋肉痛や筋肉の痙攣

◎汗のかき方がおかしい(拭いても拭いても汗が出る、全く汗をかかない)

◎体温が高い、皮膚の異常(赤く乾いている)

◎呼びかけに反応しない

◎水分補給が出来ない(自分で上手く水分補給ができない場合は危険な状態なので、無理矢理水分をとらず医療機関で受診をする)

 

【予防・対策】

◎水分をこまめにとる

◎塩分をほどよくとる

◎睡眠環境を快適に保つ

◎「この程度の暑さなら大丈夫」と我慢しない

 

 

どうでしたか?

太字の部分は特に、広く知られていない知識でもあります。

少しでも体の異変を感じたら、自己判断で済ませず必ず早めに

医療機関で診察を受けるようにしてくださいね。

 

以上、熱中症の見落としがちポイントでした♬